借入れ希望額や職業によっては、収入証明書が必要となる場合も

即日キャッシングを利用する際、通常のキャッシングと同様に本人確認書の提出が必要となります。本人確認書類は公的機関が発行している書類で、本人の氏名や生年月日、住所が確認できるものです。

 

代表的な本人確認書類は自動車運転免許証となります。免許証を持っていない場合には、パスポートや健康保険証、あるいは住民票も本人確認書類として利用できます。住民票は役所や郵便局で入手することができますが、手元にある書類ではないため即日キャッシングを利用しようとする場合には不向きな本人確認書類です。手元に本人確認書類がない場合には、即日キャッシングに備えて事前に用意しておく必要があります。

 

少額の即日キャッシングを利用する際には、本人確認書類の提出だけで申込は完了します。しかし借入れの希望額が50万円を超える場合には、収入証明書の提出が求められます。収入証明書の提出は貸金業法において定められているもので、すべてのキャッシング会社において求められます。

 

収入証明書となる提出書類は、申込者の職業によって異なります。会社員や公務員のような給与所得者の場合は、給与明細や源泉徴収票など給与金額が明示されている書類が収入証明書となります。提出する給与明細等は最新のもので、キャッシング会社によっては数ヶ月分の提出が必要とされるため、事前に調べておく必要があります。個人事業者や自営業者の場合は、所得税の確定申告書や住民税の課税証明書の提出が求められます。これらの書類についても最新のものを提出する必要があります。

 

なお、貸金業法の規制外にある銀行カードローンの場合には、50万円を超える借入れ希望においても収入証明書は必要とされません。収入証明が必要とされる借入金額は銀行カードローンによって異なってきますが、少なくとも100万円、多くの場合で300万円まで収入証明は必要とされないのです。そこで多額の借入れが必要である場合には、キャッシング会社からだけではなく、銀行カードローンの利用も選択肢の一つとなってきます。

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

即日キャッシングを受ける際の注意

なお、個人事業者や自営業者が即日キャッシングを受ける際には、給与所得者よりも注意が必要です。原則として50万円未満の借入れをする際には、収入証明書は必要とされていません。しかし給与所得者に比べ収入が不安定な個人事業者の場合、キャッシングの審査が厳しめになる傾向があるのです。安定した収入の有無がキャッシングの審査では重要視されます。

 

そこで安定した給与所得がない個人事業者がキャッシングに申込む際には、数年分の収入証明書を用意することが望ましいのです。数年間の間にきちんとした年収を得ていれば、安定した収入があることの証明となって、審査を通過しやすくなります。個人事業者が即日融資を受ける際には審査のことも考えて、借入れ希望額に関係なく収入証明書を準備しておくことが重要なのです。

 

即日融資の申込は、本人確認書類や収入証明書を無人契約機にスキャニングしてキャッシング会社に提出することで、手続きすることになります。書類の提出から審査は始まり、通常は30分から1時間ほど待たされることになります。急な出費に際して即日融資を受けるのであれば、審査結果を待つ時間も無駄にはできません。そこでインターネットから申込んで審査を申込むことがお勧めです。本人確認書類や収入証明書をスマートフォンで撮影し、それをキャッシング会社のホームページやスマホアプリから送信することで申込むことができるのです。

 

インターネットから申込めば、無人契約機を訪れる前に審査が開始されて、素早く融資を受けることが可能となります。スピーディーな融資を希望するのなら、パソコンやスマートフォンから申込むこともお勧めな方法となるのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日