督促を無視し続けると後が大変な事に!

借金の返済が滞ると、電話や郵便での督促が来ます。

その段階で返済をすればまだいいのですが、そのまま無視をしてしまうと大変な事になります。借り入れをした当初はもちろん返すつもりでいたとしても、何らかの事情が生じて返済ができなくなってしまう場合があるかもしれません。

 

しかしどんな理由であっても督促を無視してしまうのは、悪質と判断されてしまっても仕方がないでしょう。そうなると、キャッシング会社もそれなりの手段で残りの借金の回収を行うべく行動します。

 

督促を無視し続けるとどうなるか

繰り返しの督促にも一切返答がなく、そのままずっと無視をしていると次のステップへ進んでしまいます。

 

最初に届くのは支払督促申立書

まず初めは債権回収会社から裁判所を通して支払督促申立書というものが送られてきます。この通知が届くという事は、それなりの期間にわたってキャッシング会社の督促を無視してしまっていた事になります。

 

支払督促申立書とは、裁判所で法に基づいて借金の支払い計画の立て直しを提案するもので、よくよく読めば怖いものではありません。しかしこの通知ですらも無視してしまうと、支払督促申立書に記載されている返済期日までに一括返済するよう求められる事になります。

 

異議申立書を送る

返済が滞っている状態では一括返済は不可能であると考えられますから、そこでまず行うべきは異議申し立てです。異議申立書は支払督促申立書に同封されていますので、恐れずにまずは提出する事をおすすめします。

 

さらに無視をすると仮執行宣言付支払督促申立書が届く

仮に異議申し立てをしないて、さらに無視をしてしまうと今度は仮執行宣言付支払督促申立書が届く事になります。そのままでは強制執行で差し押さえられる事になってしまいます。

 

異議申立書を送る

仮執行宣言付支払督促申立書にも異議申立書が同封されています。これが強制執行を免れるための最後のチャンスです。

 

和解をする

異議申し立てを行うと、簡易裁判所への出廷を求められます。この段階で一括返済を約束するのは難しくても、返済方法の立て直しを交渉する事ができます。そこでお互いに納得の上で話がまとまれば和解が成立し、強制執行は免れられます。

 

しかしここでせっかく和解をしたにもかかわらず、その後の返済がまた滞ってしまうと、今度は同じようには行かずさらに条件は厳しくなる一方です。せっかく和解が成立したのですから、その時に決めたルールを守ってきちんと返済をしましょう。

 

強制執行とはどんな事が行われるの?

差し押さえといえば家に人が来て、テレビやタンスに差し押さえのシールをバンバン貼っていくようなイメージがあるかもしれませんが、実際は違います。差し押さえになっている段階で既に生活には余裕が全くないはずですから、何もかも取られてしまったら生きていけません。

 

実際に差し押さえられるのは、家財ではなく給料や貯金です。しかし、給料に関しては全額ではなく税金や保険料を除いた額の4分の1までになります。給料を差し押さえるためには勤務先の協力が必要になりますので、そうなればかなり気まずい思いをする事は覚悟しなければなりません。

 

生活が破たんしているなら思い切って債務整理を

借金を返す力がもうないのであれば、逃げずに債務整理をしてまた1からやり直す事もひとつの方法です。債務整理にもいくつか方法があって、支払い計画を立て直したり、場合によっては自己破産したりと道はまだあります。

 

国や地方自治体でも各種支援制度がありますので、あまりにも困窮しているならまずは相談をしてみましょう。借金を滞納し続けてしまうと、結局はどんどん苦しくなってしまいます。借り入れを行う時は無理なく返済できるように計画的に利用しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日