債務整理は多重債務者の救済の道!信用情報の傷は覚悟しよう

消費者金融からの借金で、多重債務状態になってしまう人は少なからずいます。借金を返済するために他からお金を借りて、その返済のためにまた他社から借りるような状況に陥ってしまったら、債務整理をした方がよいでしょう。

 

そこまで来ると、もうすでに借金の返済に無理が出ています。そのまま続けていてもいい事は絶対にありませんし、ヤミ金などに手を出してしまったら本当に大変な事になります。

 

多重債務に陥ったら、なるべく早く債務整理を!

そうなる前に債務整理をしてゼロからやり直す勇気も必要ですし、長期的に見たらそちらの方が自分のためになる事です。まずは司法書士や弁護士に相談して、どうすればいいのかアドバイスをしてもらいましょう。

 

債務整理とは、払いきれなくなった借金の減額や免除、支払いの猶予などを金融業者と交渉し、場合によっては裁判所の判断を仰ぎつつ、債務者の生活を立て直すための制度です。主な方法はいくつかあります。

 

任意整理

裁判所を通さずに、借りた本人と金融会社の交渉によって借金を整理する方法。個人で行う事は難しく、弁護士などに依頼して3〜5年ほどかけて返済できるように調整する事が多い。

 

個人再生

収入に応じて決められた金額を3年間で計画通りに返済できたら残りの借金が免除になり、なおかつローンを返済しながらマイホームに住みつつ生活を継続できるという比較的新しい制度。手続きは複雑なので弁護士等にに相談する。

 

自己破産

裁判所で支払いが不能と判断されれば、自分の持つ全ての借金を免除してもらえる。その代わり、財産はすべて換金し返済に充てられ、一定期間就けない職業等もある。

 

債務整理をすると、窮地に追い込まれそうなところから救済されますので、本当に苦しい人にとって大きなメリットがあります。多重債務に陥って精神的に追い詰められてしまい、自ら命を落としてしまう人も残念ながらいますが、そのような決断に至る前に、ぜひ債務整理に踏み切っていただきたいものです。

 

このように債務整理は怖いものではなくて助かる方法なのですが、その一方でもちろんデメリットがある事は承知しなければなりません。

 

債務整理は信用情報に記録される

債務整理をするという事は、自分の支払い能力を越えた借金を抱えてしまい、健全な返済ができなかった事を意味します。そうなれば、金融に関わる個人の信用情報に傷がつくのは避けられません。

 

個人の信用情報の中には、全てのローンについての借り入れから返済に関わる詳細が登録されています。もちろんキャッシングやクレジットカードの利用状況も全て把握する事ができます。

 

借金の延滞が続いたり、債務整理を行ったりすると金融事故の扱いになり、信用情報に記録されてしまいます。そうなると、新規でのローンはもちろん、クレジットカードも作る事は不可能になります。既に持っているカードも債務整理が確認されると解約される事になります。

 

債務整理の情報は一生残るわけではない

債務整理の場合、その情報は5年間は残ると言われています。事故情報が消えればまた以前のようにお金を借りる事が可能にはなります。ただ、きっちりと5年経過した段階で信用情報が回復するかどうかははっきりしません。自己破産を免れたのであれば、まずは返すべきお金を一生懸命返済しましょう。

 

信用情報機関に登録されている個人の信用情報は本人であれば有料で簡単に見る事ができます。債務整理から数年後また借り入れを再開したい場合、一度自分の情報を見てみると事故情報がどうなっているのかを確認する事ができます。どこにも借り入れができない人でも貸しますという、怪しい触れ込みで借金を勧める広告をよく見かけます。ですが、正規の金融業であればそのような状況での借り入れは不可能ですので絶対に利用しないように気をつけましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日