可能と言えば可能だけど実際はまず無理

法律上存在する2つの時効の内容

一般的に時効という言葉からイメージされやすいのは、刑事事件でしょう。未解決事件の時効が迫るとテレビでも特集が組まれることが少なくない為、比較的耳にする機会の多い言葉だと言えるのではないでしょう。しかし時効は刑事事件にのみ存在するものではなく、意外と身近なところにも関わってきているのです。

 

時効には大きく分けて2つの種類があります。1つ目は不動産の占有などにおいて用いられることの多い、取得時効です。これは、たとえば不動産物件を一定期間占有し続けた場合、所有権に関わらず占有していた人の物になるという内容です。つまり、所有権を発生させる時効だと言えます。

 

2つ目は消滅時効と呼ばれる時効です。これは取得時効とは逆に、一定期間が過ぎてしまうと権利が消滅するという内容の時効になっています。消費者金融からお金を借りた場合に関わってくるのは、こちらの消滅時効です。消費者金融が消費者に融資を行った場合、一定期間が過ぎると返済を求める権利は消滅するのです。

 

債権に関する時効は、民法では10年、商法では5年とされています。消費者金融による融資は商法が適用される商行為に当たる為、5年間返済を踏み倒し続けると返済の義務が消滅するということになります。しかしながら、現実的には5年間一切の衝突を起こさずに返済を逃げ続けることは非常に困難であると言えるでしょう。

 

時効を成立させるのに必要なこと

消滅時効は自動的に成立するものではありません。時効を成立させる為には、時効の援用を行わなくてはならないのです。時効の援用というのは、分かりやすく説明すると、債務者が時効の利用を債権者に対して宣言することを指します。これを行わない状態ではたとえ5年以上経過しても消滅時効は成立しないので、踏み倒す為には絶対に不可欠なのです。

 

ここで注意したいのが、5年という時効期間です。消滅時効における5年というのは、消費者金融からお金を借りた時点からではなく、最終取引からの年月を指します。つまり最後の返済をしてから5年以上経過していないと、消滅時効の援用を行うことは出来ないというわけです。

 

しかしここにも落とし穴があります。実は、消滅時効には時効の中断が存在しているのです。債権者が債権の返済を要求した場合、時効は中断されます。たとえば、債権者である消費者金融が債務者に対して返済請求を行ったり差し押さえ等の手段を講じた場合、時効は中断されてリセットされてしまうのです。

 

時効の中断は、債務者自身の行為によっても発生するケースがあります。債務者が自分自身に借金があることを認める行動をとった場合です。たとえば時々少額ずつ返済を行っている場合や、資金不足で返済ができないと発言しただけでも、借金の存在を認めたと見なされるのです。

 

これらの行為によって時効が中断してしまうと、そこから更に5年経過しないと消滅時効は成立しません。スムーズに消滅時効を迎えるのはとても困難であることが想像できるのではないでしょうか。

 

信用情報への影響

消費者金融でお金を借りると、その履歴が信用情報に残ります。では借金を踏み倒した場合は信用情報にどのような影響があるのでしょうか。消滅時効を狙って5年間返済を延滞し続けていれば、当然信用情報にその情報が記録されます。5年もの延滞は信用を大きく損なう情報であると言えるでしょう。この情報が信用情報に残された状態では、新たにクレジットカードを発行してもらうことすら不可能です。

 

仮に運よく5年間何事もなく経過して消滅時効を成立させることが出来た場合、信用情報に残された延滞情報も消滅されます。とはいえ情報の消滅には最大で1年程度かかってしまうこともあるので、その間の信用情報は決してクリアだとは言えません。もちろんこれは非常に稀なケースであり、ほぼ不可能な状態であることは事実です。そもそも消費者金融が5年間も債権者に対して一切返済要求を行わないというケースは考え難く、必ず時効の中断が行われると言って良いからです。

 

消費者金融からの借金を時効に持ち込んで踏み倒すことは、法制度上は不可能ではありません。しかし全ての条件を満たして実際に時効を成立させるのはほぼ不可能です。消費者金融からの借金を長期間に渡って滞納している利用者は意外と多いとされていますが、完全に踏み倒すことが困難な以上、早めに専門家に相談して債務整理等の対処を行うことをお勧めします。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日