ブラックリストに載ってしまうそのいくつかの理由

キャッシング審査は何を確認するの?トラブルチェックに使われる個人信用情報機関とは

キャッシングサービス会社で融資を受けられるようにする為には、まず会社側の審査を通る必要があります。審査は大きく二つに分けて「返済段階になっても十分な収入がある顧客か」「過去に返済トラブルを起こしていない顧客か」という確認がまず行われます。

 

後者、返済トラブルのチェックを行うにあたっては、キャッシングサービス会社は自社のデータベースだけでは過去の他社情報履歴などの顧客情報全てを把握できません。これらの情報の判断を下す為にサービス会社が何を利用するかというと、顧客情報を統括してこれらのデータバンクを保管する「KSC」「JICC」「CIC」という3つの個人信用機関を使って調査を行うのです。

 

キャッシングサービスの業界ではよく「ブラックリストに載る」などという表現が用いられるのを耳にする事があると思いますが、これは実際に「ブラックリスト」なるファイルに「載り」、それがキャッシング業者の間で情報交換されているという訳ではありません。個人信用機関に記載されている信用情報には「事故情報」という項目があり、この項目に載っている事を「ブラックリストに載る」という言い回しにして使われているのです。

 

具体的に何をするとブラックリストに載ってしまうの?

ブラックリスト……つまり事故情報には、例えば借金の踏み倒しを行ったり債務整理をした過去を持っていたりすると、要注意顧客として認定され、これらが個人信用機関によって記載されてしまいます。

 

期日返済に間に合わない場合など、うっかり忘れていたという数回のミス程度でブラックリスト入りする訳ではありませんので、その点は安心して頂いて結構なのですが、ただしこの場合でも滞納情報はしっかり記録されますので、長期延滞者や常習滞納者など目に余る行為が繰り返された場合は悪質な客と判断されてしまい、これも事故情報(ブラックリスト)顧客として登録されてしまいます。

 

仮にブラックリストに載ってしまった場合、以後各種ローンを組むのが困難になってしまいます。また、新規にクレジットカードを作成する際や、現在所有するカードの差し止めも憂慮する事態に陥ってしまいます。こうなってしまうと、経済活動において多大な痛手を被ってしまう事になってしまうでしょう。

 

ブラックリストに載ってしまった……もうキャッシングサービスの利用は出来ませんか?

仮に何らかのトラブルを起こしてしまい、信用機関に事故情報が登録されてしまった場合でも、この事故情報は一定期間が過ぎると抹消されるシステムになっていますので、金輪際クレジットカードやキャッシングが利用できなくなるというわけではありません(それでも情報が消滅するまでおおよそ5年から7年と言われており、かなり長期間のペナルティと言えます)。おおよそ5年から7年と書きましたが、これが自己破産の場合ですと、記録の消滅まで更に時間が掛かると言われています。

 

自分の事故情報が現在どうなっているかが気になるという方の為に、信用情報機関に対して、自分の自己情報の情報開示を申請する事も出来ます。情報開示はインターネットで手軽に行え、手数料も500〜1000円程度なので、面倒な手続きは要求されません。

 

過去既に、債務整理や長期延滞の経験がありブラックリスト入りしている可能性が高いとか、新規にキャッシングやクレジットカードを利用したいと考えているものの、自分の事故情報がどうなっているか確認しておきたいという方もいる事でしょう。何か引っ掛かる点がおありの方は、申請前に一度、インターネットで信用情報の確認をしておく事をお勧めします。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日